HEALTHコミュニケーション改革によるウェルビーイング経営

PHONE APPLIの経営理念は 「働く」を変える。「生きかた」が変わる。

「働く」ときには一人だけで抱え込まず、仲間や上司につなぐ。喜びはお客様や地域の皆さんと分かち合う。働くことは人生そのもの。「一人の力ではなく、いかにつないでいくのか」を意識しながら「コミュニケーション改革企業No.1」を目指しています。
PHONE APPLIのサービスによってコミュニケーション改革が起こり、イキイキと働き、パフォーマンスを最大限に発揮できる社員が増え、豊かで幸せな社会の共創に貢献したいと考えています。

健康宣言

~健康経営とコミュニケーション改革~

PHONE APPLIが考える「健康経営」とは、WHO(世界保健機関)の健康の定義に沿って推進しています。WHOは健康を次のように定義しています。「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます」。病気でない、弱っていないことが守りの健康経営とするとPHONE APPLIは「肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態」を目指す攻めの健康経営にチャレンジしています。
当社が目指す「コミュニケーション改革企業No.1」を実現する為に、社員が『健康』でいきいきと働いていることは何より大切なことであり、土台であると考えています。また、当社の目指す働き方「社員みんながいきいきと働き、パフォーマンスを最大限に発揮する」を継続的に行うために、『健康』が欠かせないことは言うまでもありません。
健康経営では、社員ひとりひとりの心身の健康と、ソーシャル・キャピタルの考え方に基づいた良質なコミュニケーションが必要です。これを促進する為、特に社員が働く環境にこだわり、オフィスをCommunication and Motivation make Perfomance「CaMP(キャンプ)」という愛称にしました。

当オフィスは、働き方改革や健康を意識したオフィスとして評価をいただき、オフィスツアーには、オープン以来約1年半で2,000社5,000名の方に起こし頂きました。さらに、コミュニケーションの活性化を目的の一つとして、社員同士で感謝のメッセージとポイントを贈りあえるシステム「PHONE APPLI THANKS」を自社開発・導入しました。「ありがとう」のやりとりを可視化することにより、職場における殺伐感・孤立感を軽減し、一体感・幸福感を増進する効果を期待しています。これらの様々な取組みが健康にどのように影響しているのか、センサーなどを用いて効果測定を行い、更なる改善や新たな取組みの推進につなげていきます。そして、取組みに関する情報を広く発信することで、世の中の健康経営の普及推進に寄与してまいります。

コミュニケーション改革企業№1を目指して、PHONE APPLIに関わるすべての人が、心と身体、さらに人との関係性においても健全で幸せに働き続けられる企業となることを宣言いたします。

株式会社PHONE APPLI 代表取締役社長 兼 CHO
石原 洋介

健康経営の推進体制

2018年 3月 健康経営推進最高責任者(CHO)設置
2018年3月 社外アドバイザーを選任し、専門家の視点を取り入れた健康経営・データ解析を開始
2018年6月 チーム競走型ヘルスケアアプリ「CiRQLE」開発、社内導入
2018年6月 健康年齢®測定を導入  NKメディコ株式会社
2019年2月 健康経営優良法人2019~ホワイト500~認定
2019年9月 健康経営推進 専任部署 CHO室設置
2020年3月 健康経営優良法人2020~ホワイト500~認定
2020年4月 在宅でも職場でも参加できる毎日10分間「オンライン宅トレプログラム」を開始
2020年8月 グループ横断の健康経営推進プロジェクト「Wellnessアンバサダー*」を発足

PHONE APPLI考える健康経営(ウェルビーイング経営)は、特に次の3つをコア・バリューとし、それぞれ様々な取組みを実施しています。

①もっともパフォーマンスを出せる環境で働く
・出勤、在宅勤務に関わらず、働きやすい環境づくりを会社が用意
・上長と毎週30分の1on1の時間を設け、仕事以外の相談も気軽に話せる信頼関係構築
・コロナ禍においても毎日意識的にオンライン「雑談」タイムを設け、顔を見ながらコミュニケーション

②時間ではなく成果で評価
・快適出社制度で、自律性を尊重、多様性を受容
・目標と成果を見える化し、風通しの良い公平な組織づくり
・会社と社員が同じ方向に向かい、働きがいを感じ成長するためのツール活用(自社開発)
・人間的成長につながる自発的な活動も評価

③お互いを尊重し感謝しあう文化
・「ありがとう」を贈る文化で幸せの連鎖づくり
・クラウド上で贈れるサンクスカードで「ありがとう成長を追求した健康経営(ウェルビーイング経営)を推進してまいります。

株式会社PHONE APPLI CHO室

健康経営推進 体制図

PHONE APPLIの健康経営取組み

健康経営推進による組織活性度を上げるため、ストレスチェック、組織幸福度アセスメント、健康アンケート等を組合わせてチーム単位で組織の分析を実施しています。ハイブリッド型のアセスメントで、個人と組織健康度を高めるための施策精度を高めています。

PHONE APPLI健康経営取組み戦略マップ

健康経営取組みの全体像

データでみるPHONE APPLIの変化

健康診断に関する定量データ

項目 2020年度目標 2019年度 2018年度
一般定期健康診断受診率 100.00% 100.00% 100.00%
精密検査受診率 60.00% 50.00% 43.00%
適正体重維持者率
※BMIが18.5~25未満の者
55% 53.20% 50.00%
喫煙率 20.00% 23.40% 30.00%
運動習慣者比率
※1週間に2回、1回当たり30分以上の運動を実施している人の割合
30.00% 27.70% 15.00%
「睡眠により十分な休養が取れている人」の割合 55.00% 51.10% 50.00%
飲酒習慣者率
※頻度が時々または毎日かつ飲酒日の1日当たりの飲酒量が清酒換算で2合以上の人の割合
24.00% 25.50%
血圧リスク者率
※収縮期血圧 180 mmHg以上または拡張期血圧 110 mmHg以上の人の割合 
0% 0% 5.00%
血糖リスクと考えられる人の割合
※空腹時血糖が200mg/dl以上の人の割合
2.20% 2.30% 2.80%
糖尿病管理不良者率
※HbA1cが8.0%以上の人の割合
2.00% 2.20%
高血圧により治療中の人の割合 3.00% 3.80% 10.00%

直近1か月の身体の調子について、どのように感じていますか

回答 2020年7月 2020年4月 2020年1月 2019年10月
とても快調だ 11% [快調]
57%
8% [快調]
66%
7% [快調]
55%
6% [快調]
44%
どちらかというと快調だ 46% 58% 48% 38%
どちらかというと不調だ 37% [不調]
43%
29% [不調]
34%
39% [不調]
45%
43% [不調]
56%
とても不調だ 6% 5% 6% 13%

人事労務に関する定量データ

項目 2020年度目標 2019年度 2018年度
社員数 (実数280)
2020.9現在
224 124
平均月間総実労働時間 150時間 161時間 156時間
平均月間所定外労働時間 5時間 10時間 7時間
平均年次有給休暇取得率 60.00% 46.50% 68.70%
平均年次有給休暇取得日数 10日 6日 8日
離職率 8% 9% 6.60%
休職率 0.80% 0.90% 0.80%
休職者の職場復帰率 100% 100% 0%
高ストレス率 12% 14% 23%
モチベーションスコア 60 59.1 54.9

健康への取組み

ウェルネスカルチャー 5箇条

  • Professionalism
  • Natural
  • Communication
  • Sustainability
  • Innovative

当社は、健康宣言を実現するために、健康経営を推進し、「1.予防」 「2.オフィス環境」 「3.コミュニケーション」3つのキーワードで取組みを行っています

1.予防

予防の側面より、従業員の健康推進を目指した7つの対策(PHONE APPLI Wellness Seven)並びに、メンタルヘルス対策、女性のための健康支援、健康診断、感染症対策等を実施しています。

1-1 生活習慣病対策

PHONE APPLI Wellness Seven(PAW7)

  • 笑顔で挨拶
  • 体を動かすは善
  • 食事にはコツがある
  • 寝るにもコツがある
  • 悩んだら深呼吸
  • 飲酒と喫煙はほどほどに
  • デンタルリテラシーアップ

【主な取組み例】

従業員の課題に応じて各種セミナーやワークショップを実施

従業員の課題に応じて各種セミナーやワークショップを実施しています。
・睡眠と健康セミナー 
・食育セミナー 
・腰痛改善セミナー 


  • ※2020年7月実施 社内健康アンケート

  • 背骨コンディショニング:伊藤昌浩先生

  • 株式会社コミナス:鳥塚ルミ子先生
  • 睡眠の質向上に関する健康教育アプリを導入

    セミナーに参加できない社員のために、最先端の人間情報の学術研究成果に基づき開発されたWINフロンティア社のアプリを導入。歩数に連動した「すごろく方式」で、「集中力」を意識しながら、睡眠に関する知識やセルフケア方法をアプリで学習し、健康習慣を定着させ、行動変容を促しています。

  • パワーナップ(積極的仮眠)制度を導入

    パフォーマンスをあげるために仮眠は効果的。パワーナップ制度を導入し、戦略的にパフォーマンスをセルフマネジメントしています。

  • チーム対抗「PA CiRQLE Weekly Cup」を定期開催

    自社開発 チーム競走ヘルスケアアプリ「CiRQLE」を使って、チーム対抗で運動量を競争。運動してポイントを獲得することで健康に良い景品もGET!チームは部門横断で結成されるため、普段接点がない社員同士のコミュニケーションの機会になっています。

1-2 メンタルヘルス対策

役職者向けに、メンタルヘルスラインケア研修・新任管理職研修などを行い「こころの健康づくり活動」を推進しています。 
一般従業員向けには、相談窓口の設置、職場担当制による細やかなサポート、社内チャットでの情報発信などさまざまな活動を展開しています。
2020年度のストレスチェックの結果は、2017年、2018年度と比較して改善傾向にあります。(2018年度 23%、2019年度 14% 2020年度 11%)

【主な取組み例】

  • 従業員の課題に応じて各種セミナーやワークショップを実施

    ストレスチェック・ラインケアセミナー・外部講師によるストレスケアセミナー・新任管理職研修、eラーニング・各事業所内メンタルヘルス推進担当者に対する教育を実施

    2020年度 健康経営施策実施計画 

    内容 開催月 対象 講師/アプリ 参加率
    歯科衛生&呼気チェックワークショップ 1月 希望者 歯科衛生士(関東ITS健保委託) 予約枠に対し受診率100%
    受動喫煙対策eラーニング 2月 全員 社内講師 100%
    食生活ワークショップ 2月 全員 MTG 新型コロナのため中止
    女性の健康づくりeラーニング 5月 全員 社内講師 100%
    肩こり・腰痛改善ワークショップ 6月 希望者 背骨コンディショニング伊藤昌浩先生 予約枠に対し参加率100%
    食生活改善イベント 6月 希望者 あすけん 予約枠に対し参加率80%
    眼精疲労解消ワークショップ 7月 希望者 株式会社コミナス 予約枠に対し参加率100%
    管理職 アサーティブ研修 8月 管理職 特定非営利活動法人 アサーティブジャパン 100%
    睡眠の質向上ワークショップ 10月 希望者 快眠協会  
    食生活改善ワークショップ(予定) 12月 全員 準備中  
    肩こり・腰痛改善ワークショップ(予定) 2月 全員    
  • こころの相談窓口の設置

    精神科専門医による相談窓口を設置しており、仕事・プライベートの悩みを気軽に相談することができます。

  • 自律神経測定

    ifescore(自律神経測等を測定するセンサ)を使用して、メンタル・フィジカルの状態を知るようにしています。

    自律神経測定結果はコチラ

1-3 女性のための健康支援

女性従業員のための健康支援として各種セミナー・勉強会の開催など、女性の心身に関する問題を気軽に学べ相談できる体制を整えています。

【主な取組み例】

アンケートやセミナー・イベントを実施

女性の健康に関するアンケート実施、外部講師による社内セミナーやイベントの開催

1-4 感染症対策

新型コロナウイルス感染症の流行への対応方針
当社はBCP(事業継続計画)を策定・運用しています。

2.オフィス環境整備

社では以前からテレワークを推奨しておりましたが、新型コロナウィルス感染流行後、
最高のパフォーマンスを最大限できる場所を各自選択してもらっています。
オフィス出社状況をタイムリーに確認、万が一感染者が発生した際に感染拡大を防ぐための迅速な対応できるシステムを開発しました。

オフィスにおける社員の安全を確保する新しいオフィスの提案

オフィス出社率は約10%です。(2020年9月現在)

 

  • テント
    通常時は社内打合せやコミュニケーションエリアとして利用。緊急時にはシェードを閉め休養室としての利用も可能。

  • ラウンジ
    オープンなミーティングスペース。大型のビデオ会議システムを設置し、社外にいる社員とも迅速に情報共有を図ることができます。

  • PA Bar
    ちょっとしたタッチダウンミーティングに利用。カウンター形式で、不思議と親近感もわく。

  • フィールド
    コラボレーション&リラックスエリア。リラックスしてブレストをしたり、アイデアを出す場所。業務の合間のリフレッシュにも利用。

  • パーク
    椅子と机はキャンプ仕様。簡単に片づけられ、用途に応じて、大きなイベントスペースに早変わり。新しい出会いとコラボレーションが生まれる。

  • ファミレス
    ビデオ会議システムが設置してあり、オフィスと自宅(テレワーク)をつないで、すぐに2~4人でコラボレーション可能。

  • デベロップメント席
    昇降式デスク、リクライニングチェアや高解像度大型サブディスプレイを設置。終日のデスクワークを快適に。

  • 最高の自然音
    ハイレゾリューション(高音質)専用スピーカーから、実際の自然音をオフィスの環境音として再生。集中力を高め、生体リズムを整える。

  • 100%天然アロマの香り
    自然素材の香りのチカラで、働く空間をより心地よく演出。エリアごと、季節ごとに、香りを変えることで、気分もリフレッシュ。

  • 緑視率25%のオフィスグリーン
    オフィス内で働く社員のリラックス効果やストレス軽減のため、グリーンを有効活用。

3.コミュニケーション

  • 1on1ブース
    防音機能を持った1on1ブースで、チームメンバーとマネージャーの1on1ミーティングを週1回ペースで実施。村田製作所様と共同開発したセンサーを設置することで、1on1の質を高めることができています。

  • PHONE APPLI PLACE
    フリーアドレスでも「だれ」が「どこ」にいるかわかるシステム。
    オフィスにいる社員の位置情報を「PHONE APPLI PEOPLE」上に表示することで、最適なコミュニケーションツールを提供しています。

  • PHONE APPLI THANKS
    感謝の気持ちを贈りあうサンクスカード。
    同僚への「ありがとう!」が自然と飛び交うことで、同僚同士のコミュニケーションの活性化と組織の一体感醸成に貢献しています。

  • 行動かえるくん
    行動を可視化、セルフマネジメントをサポートするシステム。現状をグラフ化することで、日々の行動の振り返りを促進し、未来の理想の働き方を描くサポートをします。マネージャーとも簡単に共有できるので、サポートも得やすくなります。

  • フレンドリーデー
    社員の家族や友人を職場にご招待し、仕事内容についての理解を深めたり、家族同士の親睦を深める取組みをしています。

  • 外部からの評価
    経済産業省より健康経営ホワイト500 2019に選定
    詳細はこちら

    経済産業省より健康経営ホワイト500 2020に選定
    詳細はこちら

pagetop